奨学金について

琉球大学では、グローバル人材を育成するため、学生の国際交流を積極的に推進しています。

海外へ派遣される学生に対する支援は、日本学生支援機構(JASSO)の給付型奨学金(返還の必要のない奨学金)等がありますが、本学独自の支援事業として、卒業生からの高額寄附金等による2つの事業(①琉球大学岸本基金寄附金、②琉球大学QUEST基金)による給付型奨学金、留学準備金、留学準備のために受験する英語能力試験の受験料の一部助成等のサポート事業があります。

1.琉球大学岸本基金寄附金
卒業生である岸本正之氏が代表を務める岸本ファミリー個人慈善基金による支援事業で、協定派遣学生に対して給付型奨学金と留学準備金を支給しています。(詳細はリンク先を参照ください)

2.琉球大学QUEST基金
本学卒業生から、学生の国際交流支援のために受け入れた3 億円の寄附金を主な財源として2018年度に創設した基金です。「QUEST」は「Quality Education and Support for Tomorrow」を意味し、本基金では、学生の探究心の向上に資することを目的に、大学院生の海外研究支援のための奨学金と留学準備金の支給、交換留学派遣学生に対する給付型奨学金と留学準備金の支給、海外短期研修プログラム参加学生に対する参加費用の一部助成、留学準備のために受験する英語能力試験(TOEFL iBT,IELTS)の受験料の一部助成を行っています。(詳細はリンク先を参照ください)

3.日本学生支援機構海外留学支援制度(協定派遣)及び琉球大学後援財団国際交流奨励事業等
大学間学生交流協定に基づき派遣する学生は、学内公募と選考を経て決定されます。この選考において、特に優秀と認められた学生については、日本学生支援機構(JASSO)、琉球大学後援財団又は他の団体から給付される奨学金又は派遣奨励金の受給候補者として各団体に推薦します。本学と諸外国の大学等との間で締結された学生交流協定に基づき、当該大学等へ学生を派遣(1学期間以上1年間以内)する場合に奨学金又は派遣奨励金が給付されるもので、当該学生を経済面から支援することにより、学生交流の一層の拡充を図り、相互の教育・研究水準の向上に資するとともに、相互理解と友好親善を増進することを目的としています。

4.海外留学支援制度(大学院学位取得型)
諸外国の大学へ修士又は博士の学位を取得するために留学する日本人学生等に対し、日本学生支援機構(JASSO)が学修・教育研究活動に必要な経費を支援する制度です。留学生交流の一層の拡充を図り、我が国と諸外国との相互理解と友好親善を増進し、国際的にも指導的立場で活躍できる優秀な人材の育成及び高度化に努め、グローバル人材の育成に必要な日本人学生の海外留学を促進するとともに、我が国の国際化・国際競争力強化に資することを目的としています。派遣期間は2~3年(課程によって異なる)となっており、例年9月以降に募集要項が公表されます。最新の募集要項等はJASSOのWebサイトを参照ください。

5.その他民間団体等からの支援
学生交流協定等に基づく留学(交換留学)制度による派遣学生を対象とした民間団体等からの奨学金制度もあります。所属大学からの推薦が必要な場合もありますので、公募情報から、募集要項等を事前にご確認ください。