留学体験記 國立中山大学(台湾)

國立中山大学(台湾)

氏名:喜納 海愛
所属学部・研究科名:法文学部
派遣期間:2018年2月~2019年2月
派遣先国名:台湾
派遣先大学・機関名:國立中山大学

初めに、中山大学の授業について紹介します。二月からの半年は、中国語の習得に集中したいと大学に併設されている語学学校で平日五時間の中国語を学ぶ授業のみ受けていました。そこで私は、中国語検定二級を取得するという目標に向けて、中国語の勉強に力を注ぎ、取得することができました。後期は語学学校の授業に加え、大学の授業の専門科目の台湾史と、共通科目のバドミントンの授業をうけました。台湾史は、今まで学習してきた事のない台湾の歴史を、台湾の学生に混ざり中国語で学ぶという、レベルの高い授業でしたが、楽しく、充実し、得るものが多い科目となっていました。次に台湾人との交流についてです。語学学校のプログラムの一つの言語交換で、私は、台湾人の親友と出会うことができました。一緒に旅行に行ったり、実家に泊めてもらったりと、台湾の一般的な生活、ローカルな食事など、台湾の一般文化を体験するという貴重な体験を多く提供してくれ、留学生活をより濃く過ごすことができました。   今回の留学経験を活かし、私自身日本に来た留学生や、外国人観光客など、温かく迎えたいと思うようになり、また、将来台湾や、中国語と関係のある就職先につきたいなど、今後の人生、人としての在り方などについて考え、実行していくための機会とすることができました。