留学体験記 サモア国立大学(サモア)

サモア国立大学(サモア)

氏名:西平 美穂
所属学部・研究科名:法文学部
派遣期間:2018年7月~2019年6月
派遣先国名:サモア
派遣先大学・機関名:サモア国立大学
受給した奨学金名称:QUEST基金奨学金

サモア独立国は南太平洋に浮かぶ小さな南国の島です。サモアは沖縄とよく似ており、気候の点では暑くジメジメとしていて沖縄の夏の気候とよく似ていました。また、サモアには『サモアンタイム』というものがあり、沖縄の人以上に時間に対してとてもマイペースな性格です。そして、サモア人はマイペースなだけでなく、とても温かく親切な人たちで遠い外国から来た私にもまるで家族の一員かのように接してくれました。こういう人柄の点でも沖縄と似ていて親近感を覚えました。サモアは海外からの援助などで年々発展してきているのですが、その中でもサモアの昔ながらの生活スタイルや伝統も守られていて、サモアに留学することで他の国では体験できないようなサモアの伝統的な生活スタイルを体験することが出来ます。下の写真にもあるように、サモアの伝統的な家は壁や窓がなく柱と屋根だけでできています。その友達のお家に滞在させてもらい、サモアの伝統的な料理で私をもてなしてくれました。その他にも、サモアの伝統の染め物の体験をしたりと様々な貴重な体験をすることが出来ました。外国人でもウェルカムなとても温かいサモア人とサモアの伝統的な暮らしを体験できたことは私の留学での一番の思い出です。一味変わった留学がしてみたい!と思う方はぜひサモア独立国への留学をオススメします。